脱ステの経過はこちら

脱ステの経過1 脱ステのきっかけ
脱ステの経過2 脱風呂・脱保湿・実際どうなの?
脱ステの経過3 アトピーの落屑 いつまで続くのか?
脱ステの経過4 蕁麻疹の原因は?いつまで続くのか?
脱ステの経過5 膝下に大量の湿疹(糜爛)が出現

 

脱ステの経過2 脱風呂・脱保湿・実際どうなの?の続きです。

リンパ液があまり出なくなり、炎症がある程度おさまってくると、次に襲ってくるのが落屑(皮膚が落ちる現象)です。

この落屑とはどんな状態なのか? いつまで続くのか? 治りかけのサインは? どうすれば治まるのか? 私の経験から語れることをお伝えします。

 

 

スポンサーリンク

落屑はどんな状態?

脱ステ後の落屑で落ちる皮膚の量は尋常ではありませんでした。リンパ液が止まって乾くと、まず全身がウロコ状態になります。そして乾いた大量の皮膚が繰り返し粉になって落ちます。

トイレに行くたびに全身を掻きむしってしまい、落ちてくる皮膚の量はお椀一杯分ほど。

掃除機をかけてもかけても部屋中、皮膚の粉だらけ。朝起きたらシーツの布団が砂場のようになっている。温かい飲み物を飲もうと思って顔を近づけるだけでコップの中がすぐに粉だらけになる。

普通に生活をするだけでも負担の多い毎日でした。

外に出るときも、落ちてきた皮膚の粉が目立つので、黒い服は着られません。しかし白い服を着ると掻きむしった傷口のリンパ液や血が滲んでしまいます。服はなるべく汚れの目立たない、グレーやカーキ、ベージュの色が多かった気がします。

椅子に座っても座席部分が白い粉だらけになります。特に座席部分がメッシュの布になっている事務用の椅子は皮膚の粉が目立つので苦手でした。

会社員で内勤の方は、人目も目立つし苦労しますよね。

とにかく自分は人粉製造機なのかと思うほど、大量の粉をまき散らしていた日々。まだ20代のうら若き女性だったのに、体を少し揺らすだけで粉が大量に落ちるので、人目を気にしてばかり。仕事上、外に出て人に会うことも多かったので、常に皮膚の粉をまき散らしている自分が悲しかったです。

落屑はいつまで続くのか?

私の場合、症状としての落屑は、3年ほど続きました。「長い」と思われるかもしれません。

しかし常に落屑が起きていたわけではなく

炎症 → 鎮静 → 落屑 → 鎮静 → 炎症 → 鎮静 → 落屑 → 鎮静

のスパイラルを繰り返していました。年数が経つごとに落屑の量も少しずつ減って楽になりました。

デトックスが進んでいれば治りが早くなりますが、1年目でデトックスが本格的に進んでおらず、2年目以降で一気に症状が出る人もいます。

脱ステ後のデトックス症状は、螺旋階段のように良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、トータル的にだんだん良くなるといった感じです。

 

 

yajirushi02_02

 

季節毎に良くなったり悪くなったりを繰り返しながらだんだん良くなってきました。

 

特にステロイドを何年も使っていた場合、1年や2年ぐらいでは完治はしません。
完治するまでの期間は、ステロイドを使っていた期間の2倍以上と言われています。

しかし28年間ステロイドを使っていた私は、完治とは言えませんが、燃え盛るような壮絶な症状は落ち着きました。今はぱっと見アトピーとは分からないほどまで回復しています。

「脱ステ後は、1000回脱皮したら人間本来の肌に生まれ変わる」という話も聞いたことがあります。たしかに1000回以上は脱皮した気がします。今、落屑が激しい方も、焦らず気長に待ちましょう。

治りかけのサインは?

同じ落屑の症状でも、経過によって状態が異なります。

炎症 → 鎮静 → 落屑 → 鎮静

を1タームとしたとき、落屑期から沈静期に移行するまでにはサインがあります。

まずは色です。最初はグレーっぽい色をした落屑の粉がベージュっぽい色になり、白っぽくなってきたら、沈静期に移行するサインです。粉の厚みも少しずつ薄くなってきます。皮の大きさもだんだん小さくなるでしょう。
最も大きなサインが、皮膚のはがれ方です。

皮がうろこのように周りから自然にはがれ、下にある皮膚が何も炎症を起こしていないときは、もう治るサイン。健康な皮膚が再生されるまで、何度も皮は剥がれ落ちます。

どうすれば治まるのか?

落屑が早く治まる方法は、とにかく乾かすことだと思います。炎症から落屑、鎮静までのスピードを格段に速めたいときは、自宅に常備してある家庭用光線治療器「コウケントー」を照射していました。顔の赤みも鎮静させてくれるので、赤ちゃんのときから愛用しています。

私が愛用している2号機はこちら。

【無料健康相談 対象製品】コウケントー2号機 【特定管理】【02P06Aug16】

可視光線が皮膚の細胞修復を速めてくれるようです。

栄養面では皮膚の材料となるたんぱく質を肉や魚から補うと良いでしょう。皮膚が大量に落ちる落屑期は皮膚の材料が不足しがち。たんぱく質は意識して摂りたい栄養素です。

日常生活ではこまめに掃除・洗濯を行なうこと、布団を毎日干したりシーツを毎日交換したりと、清潔さを心がけることをおすすめします。カビや埃、ダニなどのアレルギーが炎症を引き起こす場合もありますので、気になる方はアレルギー検査をしてアレルゲン除去に務めると良いでしょう。

 

まとめ

脱ステ後の症状で悩まされる人の多い落屑。落屑の多い時期は自分が不潔に見られているのではないかと不安になり、対人恐怖症のようにもなりました。症状が落ち着くまでは無理をせず、安静にしておくことがストレスの軽減にもつながるのではないかと感じます。

良かった点は掃除が上手くなり、こまめな掃除の習慣がついたこと。アトピー症状に悩まされなくなった今も、落屑期のようにまめな掃除を心がけています。

皮膚が落ちる時期は辛いですが、「落ちた皮膚は過去の自分。死んだ自分。自分は常に全身で生まれ変わっている」と前向きに捉えるようにしたら、治りも速くなったような気がします。

読書や映画、音楽など、打ち込める趣味を持って気をそらせば「いつの間にか治っていた」と思えるようになるでしょう。

脱ステ後の症状は一生続くわけではないので、焦らず、気長にのんびり付き合っていくと良いかもしれませんね。

 

 

脱ステの経過4 蕁麻疹の原因は?いつまで続くのか?に続く。

 

 


 

 



私が引きこもりの重症アトピーから、在宅ワークで月収100万円を超えるまでのストーリーを、メールでお届けします。毎日1話ずつ、全6話で完結するストーリーになります。読んでみたい方は、以下からメルマガにご登録ください。

引きこもり重症アトピーから月収100万円になるまで メルマガご登録はこちら

 
在宅で収入を得る方法を知りたい方は、以下の無料教材がおすすめです。








アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村



スポンサーリンク