お肌が炎症状態になっているとき、市販の化粧水に含まれているアルコールやエタノールは刺激になってしまいがち。できるだけお肌に刺激の少ない化粧水を作るなら、やっぱり手作りが一番です。

ビワ葉茶、緑茶、ハトムギ茶、ルイボスティーなど、お肌にいい栄養分の含まれたお茶を使って作ってみましょう。

 
 




 

基本の手作り化粧水の作り方

・精製水 100ml
・グリセリン 5〜10ml

上記の材料を、あらかじめ煮沸消毒した容器に入れて振り混ぜるだけ。お肌が敏感な状態の方はグリセリンの量を少なめにしましょう。

精製水はドラッグストアのコンタクト用品売り場で販売されています。

精製水の代わりに月桃蒸留水やローズウォーターなどのハーブウォーター(芳香蒸留水)を使ってもOK。アルコールや界面活性剤、保存料などが含まれていないオーガニック100%の商品を選ぶようにしましょう。

ローズウォーター 250mlトラディショナルブルガリアン ローズウォーター オーガニック/薔薇水/バラ水/ばら水/芳香蒸留水/ダマスクローズ/手作り化粧水/無添加/防腐剤不使用/100%ナチュラルメドウズ

月桃水【送料無料&特別価格】無添加天然ハーブ水月桃水★沖縄県今帰仁産月桃使用◆月桃エキス 化粧水 ★グリーンプラン新城の月桃蒸留水お得な3本セット![500ml×3本]

 

グリセリンの代わりにベタインを使っても

グリセリンは石油由来の合成のものと、ヤシの実由来の天然ものがあります。

合成グリセリンは純度が高く成分が安定しており、医薬品に使われることが多いです。

身近なほとんどの化粧品類に使われているのは天然グリセリンです。

天然成分にこだわる方は、テンサイやサトウダイコンなどの植物から抽出されるベタインをグリセリン代わりに使っても良いでしょう。

【ポストお届け可/16】 ベタイン 100g [オーガニック] 【無水ベタイン/保湿剤/手作りコスメ】

 

 

肌の状態に合わせたおすすめの手作り化粧水

handmade

 

以下のお茶を精製水で煮るか、芳香蒸留水で水出しします。煮出すとお茶の酵素が壊れてしまう場合もありますが、精製水でぐつぐつ煮込むことでお茶の栄養分がギュッと凝縮されます。材料によって使い分けてみてください。お好みに合わせてヒアルロン酸やコラーゲンの原液、精油を垂らしてもOKです。精油を使う場合は医療グレードのものを選びましょう。

ビワ

ガンに効くと言われているビワには、ビタミンB17でもあるアミグダリンが含まれています。この成分が皮膚の修復能力を高めてくれたり、炎症抑制や傷の回復にも役立ちます。

脱ステ後に掻き過ぎて皮膚が傷だらけになっていたとき、お風呂にビワの葉を入れると傷部分の痛みが引きました。

お風呂上がりもビワ葉茶のティーバックで全身をパッティングすると、ビワ葉のぬるっとした成分が保湿効果になりました。

その上から手作りのミツロウクリームで保湿するとお肌の状態が良くなっていきました。

ビワ葉は肌修復への即効性が高いと感じたので、手作り化粧水にトライする方は最初に試していただきたいです。



十津川農場の『ねじめびわ茶』

緑茶

アトピーや脱ステロイド、細菌が原因で炎症を起こしている肌には緑茶で作った化粧水がおすすめです。もともとアトピー肌は皮脂分泌が普通肌の人に比べて弱く、バリアとなる角質層が壊れている状態です。外からの菌やバクテリアから肌を守るためには、緑茶に含まれる殺菌力の高いカテキン成分が効果的です。

また緑茶は抗酸化作用にも優れており、皮膚の酸化を防ぐことで新陳代謝を促進させてお肌の角質層(バリア)を作ってくれます。

荒れたお肌の表面を強くしたいときには、緑茶の化粧水を使ってみてください。
炎症が強く出ているときは、精製水100ml、日本酒100mlに出がらしの緑茶葉を入れて、全体量が100mlになるまで煮込んでからグリセリンを10ml〜20ml入れると、日本酒効果で保湿力が高まります。

 

ハトムギ

漢方で「ヨクイニンエキス」としても使われているハトムギには、腫瘍抑制作用のある「コイキセノリド」という成分が含まれています。この成分が肌の湿疹やイボの予防と改善に効果があると言われています。

またグルタミン酸やロイシン、チロシンやバリンなどのたんぱく質も含まれており、肌の新陳代謝やターンオーバーを活性化させる作用があるとされています。

美肌に嬉しい効果がたくさんあるハトムギエキスは、市販の化粧品にもよく使われています。

食べると胃腸にやさしいので食事にも取り入れつつ、お風呂にも入れつつ、保湿にも有効活用してみましょう。

 

ルイボス

南アフリカに生息するマメ科の植物ルイボスには、鉄分やマンガン、亜鉛、カルシウムなどの豊富な栄養素が含まれています。

抗酸化物質の含有量は緑茶の50倍とのこと。便秘解消やむくみ取り、美肌やダイエットなどの嬉しい効果がたくさんあります。

デトックス用に購入したルイボスティーは、飲むだけでなく化粧水にも使えます。
≪送料無料≫オーガニックルイボスティーお試しセット

手作り化粧水の容器

 

63e7b11b3d45e5b36c954969392c2737_s

 
手作り化粧水は霧吹きに入れると、お風呂上がりなど全身にも使えます。

小さな霧吹き容器に入れておいて持ち歩けば、顔が乾燥して粉を吹いているときにも便利。

保存料や防腐剤を入れない手作り化粧水の容器は、雑菌が繁殖しやすくなります。なるべくガラス容器にして、使用前には必ず煮沸消毒をするようにしてください。

 

 

作り置きはNG、長めに保存したいときは天然の保存料を使う

手作り化粧水は食品と同じ扱いなので、保存がきくのは冷蔵庫で2〜3日です。それ以上経つと成分が変わってしまったり、腐りやすくなってしまうので、使わない方が良いでしょう。

少し長めに保存したい場合は天然由来の防腐剤を使うと、持ちが良くなります。

天然防腐剤・酸化防止剤の一覧はこちら

 

まとめ

脱ステロイドで炎症が酷く出ていたとき、ネットでリサーチしながら化粧水を作るのは唯一の楽しみでもありました。化粧水を作っている間は痒みを忘れて没頭できたからです。

お肌に炎症が出ている時期だからこそ、どの成分のどの調合が良いのかが敏感に分かりました。

お肌の炎症が治まってくると刺激にも気づかなくなってきます。敏感な時期には敏感な時期ならではの最適な過ごし方がある、ということが分かりました。

アトピー症状が出ているときは辛いですが、焦ってネガティブになるよりも、治る過程も楽しめる余裕ができると、治りも速くなるでしょう。

 

 

 



私が引きこもりの重症アトピーから、在宅ワークで月収100万円を超えるまでのストーリーを、メールでお届けします。毎日1話ずつ、全6話で完結するストーリーになります。読んでみたい方は、以下からメルマガにご登録ください。

引きこもり重症アトピーから月収100万円になるまで メルマガご登録はこちら

 
在宅で収入を得る方法を知りたい方は、以下の無料教材がおすすめです。








アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村



スポンサーリンク