私はとても教育に厳しい家庭に生まれました。

地方の田舎の女の子にとって人生の幸せとは、しっかりしたお金持ちの家庭の嫁に行くこと。

そのためには家として恥ずかしくない学歴が重視されました。

家族親戚全員、有名大学を卒業しています。

私も生まれたときから有名大学に入るための教育が始まっていました。

3歳で国立大学附属幼稚園を受験するも、面接で自分の名前を上手に言えずに落ちてしまい親をひどくがっかりさせてしまいました。

当時から、親の顔色を伺い、親の期待に応えるために生きる人生が始まっていたような気がします。

家では漫画やテレビゲーム禁止。
中学一年生の頃、お小遣いで初めてファッション雑誌を買ったら母親に酷く叱られました。

「色気づいてるんじゃない!勉強しろ!」と。

とにかく勉強をしていないと叩かれたり怒鳴られたりする毎日だったので、成績は学年で常に5位以内に入っていました。

小学3年生頃から、テスト前はステロイドで症状を抑えながら徹夜で勉強していましたが、アトピー症状が強く出ているときは唯一、怒られませんでした。

小学生の頃によく出ていた肌からの症状は、私にとって唯一の自己主張だったのかもしれません。

今思えば、家庭環境があんな状態でアトピーが治るわけがなかったし、治したい気持ちもなかったと思います。

当時の私にとってアトピーは闘うものであり、また自分を親の暴力から守ってくれる症状でもありました。
慢性的なアトピー症状と闘っている方は、家庭環境に何かしらのストレスを抱えているケースが多いです。

嫁姑問題、両親の関係、兄弟姉妹の問題、離婚などによる家族の心理ストレスが、子供のアトピーにつながる場合もあります。

家族の問題と向き合うには、内観を行なうことで、心のクセに気づけるでしょう。
私が執筆協力させていただいたおすすめの本です。

 

51dkmbagkjl-_sx335_bo1204203200_

自分を愛せればすべてはうまくいく

 

 

 





私が引きこもりの重症アトピーから、在宅ワークで月収100万円を超えるまでのストーリーを、メールでお届けします。毎日1話ずつ、全6話で完結するストーリーになります。読んでみたい方は、以下からメルマガにご登録ください。

引きこもり重症アトピーから月収100万円になるまで メルマガご登録はこちら

 
在宅で収入を得る方法を知りたい方は、以下の無料教材がおすすめです。








アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村



スポンサーリンク