ガンをはじめとするあらゆる病気の原因は低体温と言われています。体温が1度下がると免疫力は30%下がるそう。基礎体温が35度代の方は、夏でも腹巻きをして体温を上げた方が良いです。

なぜ腹巻きが低体温におすすめなのか?

その理由をお伝えいたします。




丹田を温めると健康になれる

腹筋の奥、おへそより指3〜4本分下がったところにある「丹田」。多くの内臓が集まっているこの部位は、ヨガでは人間の体の中心とされています。
tanden

「胆が据わる」「腹が座る」という言葉の通り、体の中心部分である丹田が丈夫になると精神的にも強くなれると言われています。しかし現代人はデスクワークや運動不足によって丹田を支える筋力が衰え、丹田の力も弱ってきているそう。

丹田を温めて鍛え、機能を活性化することで、全身の冷えを効率よく改善することができます。

 

 

肝臓を温めると解毒作用がアップ

腹部の右側には肝臓があります。肝臓の主な働きは解毒作用。有害物質を水に溶けやすい形に変えて、尿や胆汁の中に排泄する重要な役割を肝臓は担っています。

体内の毒素をデトックスしたいなら、肝臓機能を活性化させることが必須。腹巻きをすることで肝臓を温め、体全体の排毒作用を上げることができます。

肝臓は茹でたこんにゃくをタオルに巻いて当てておく「こんにゃく湿布」をしたり、ホッカイロやシャワー等で温めても良いでしょう。

 

 

腎臓を温めて排泄力アップ

体の背中側にあり、腰のあたりで左右一個ずつ一対になっている腎臓には様々な働きがありますが、老廃物を尿として排泄するために欠かせない役割を担っています。

腹巻きで腎臓を温めることで、腎臓が強化され、むくみの解消にもつながりやすくなります。

 

子宮力を高めて健康に

女性の心身の健康に大切な役割を担っている子宮。子宮を温めることで生理不順やPMSなどの症状を和らげ、女性ホルモンの働きも活性化させることができます。また、子宮の温度が上がれば、妊娠しやすい体作りにも一役買います。

お肌や髪がツヤツヤになったり、感情が安定したりと、心身のあらゆる側面で良い効果につながります。

基礎体温が36度以下の女性は夏でも腹巻きやおまたカイロ、よもぎ蒸し等で子宮を温めることをおすすめします。

 

体を温めて基礎体温アップ、その後は運動で血流アップ

体がダルくてやる気が起こらない方は、腹巻きや冷えとり靴下で全身を温めて、体全体の循環力を上げることをおすすめします。

冷えやむくみがとれて毒素が排出され、血液やリンパ液の循環が良くなれば、疲れにくい体になれます。その後はさらに健康体を目指すべく、運動の習慣を取り入れると良いでしょう。

体が冷えてだるい方は、まずは体を温めて毒素を排出すること。だるさが取れたら運動で冷えない体を作ること。このプロセスを踏むことで冷え知らずの健康体になれます。

 

腹巻きの種類は何がおすすめ?

おすすめはシルク素材です。シルクは人間の皮膚と同じたんぱく質でできているため、人間の肌に合う素材です。抗菌作用や抗酸化・活性酸素抑制作用があり、18種類のアミノ酸から構成されるたんぱく質には角質層内に存在する保湿成分も。天然素材でお肌を自然に温めてくれるので、アトピーで炎症を起こしているお肌にも優しいです。

シルク素材で体を温めてくれるおすすめの腹巻きをご紹介させていただきます。

 

shinnpule
シルク素材の腹巻き一体型パンツ

ma-sy218-03

3色から選べるボーダー柄のオシャレなシルク腹巻き

心地いいシルクの腹巻〜おしゃれに防寒できる!冷房対策や冷え性対策に〜【プロディガル】

 

カラーバリエーション腹巻〜おしゃれに防寒できる!冷房対策や冷え性対策に〜【プロディガル】

 

グラデーションボーダー腹巻〜おしゃれに防寒できる!冷房対策や冷え性対策に〜【プロディガル】

 





私が引きこもりの重症アトピーから、在宅ワークで月収100万円を超えるまでのストーリーを、メールでお届けします。毎日1話ずつ、全6話で完結するストーリーになります。読んでみたい方は、以下からメルマガにご登録ください。

引きこもり重症アトピーから月収100万円になるまで メルマガご登録はこちら

 
在宅で収入を得る方法を知りたい方は、以下の無料教材がおすすめです。








アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村



スポンサーリンク