赤ちゃんのアトピー、乳児湿疹、お子さんのアトピーでお悩みの方からよくご相談をいただきます。私自身、生後数ヶ月でアトピーを発症し、子供の頃は病院で重症診断されたことが何度かあります。正しい治し方を知っていれば、あんなに苦しむことはなかったのに・・・・と大人になった今、思います。

世の中にはいろいろな情報が出回っていますが、アトピーは治る病気です。この記事では、「赤ちゃんやお子さんのアトピーとうまく付き合う方法」「赤ちゃんやお子さんのアトピーを完治させる方法」二つの観点から、私の持つ知識をお伝えします。

知識をお伝えするにあたり、まずは私自身の幼少期のエピソードからお伝えします。



病院で生まれた直後、粉ミルクを飲まされた

私は病院の産婦人科で生まれました。生まれた直後に粉ミルクを飲まされたそうで、それが原因かは分かりませんが、アレルギー体質だったそうです。両親はアトピーではありません。母方の家系はお菓子メーカーを経営しており、母親は白砂糖や乳製品を日常的に食べていたと思います。

私は生後数ヶ月でアトピー性皮膚炎を発症。とびひやアレルギー性蕁麻疹など、「湿疹のデパート」と言われるような体になってしまいました。2つ年下の妹は助産院で生まれ、母乳で育てられたこともあって、お肌つるつるの健康体に育ちました。

 

ダニ・埃のアレルギーに気づかず、ステロイド漬けに

大人になって脱ステロイドをしてから分かったのですが、私はダニと埃のアレルギーです。ダニのいる衣服に触れると一気に蕁麻疹が広がってしまいます。

赤ちゃんのときにハイハイしていた自分の写真を見ると、明らかにダニがわいて痒くなりそうな、フサフサしたカーペットの上を這っていました。長く使っていないゴザの上にじかに座っても、蕁麻疹が出たそうです。

ダニに反応 → 蕁麻疹が出る → 皮膚科へ連れて行かれる → ステロイドを処方される

という順序をたどったのかどうかは覚えていませんが、アレルギー性の湿疹でもステロイドが処方されていたのは間違いありません。

 

その湿疹はアトピー性皮膚炎なのかアレルギー性の蕁麻疹なのか、両方なのか判別しよう

アレルギーとアトピー、表面的には似たような症状に見えますが、薬での治療法は異なります。赤ちゃんに湿疹が出た場合、病院で処方されたステロイドを塗る前に、まずアレルギー検査をした方が良いと思います。アレルギーによる湿疹なのか、アトピーによる湿疹なのかによって対処法が異なるからです。

 

アレルギー性蕁麻疹の特徴

アレルギー性の湿疹は、花粉や埃、食べ物、ダニなど、外部の異物(アレルゲン)に免疫機能が反応するために起こります。卵や乳製品など、特定の食べ物を食べたときにのみ湿疹が発生したり、長く洗っていない布に触れたときに湿疹が広がったりした場合、アレルギー性の湿疹の可能性が高いです。アレルギー性の湿疹や蕁麻疹の特徴は、皮膚表面のボコボコした症状が一時的に出て、数時間でおさまることです。

 

アトピー性皮膚炎の特徴

外部の攻撃に対する防衛反応として起こるアレルギー性の蕁麻疹に対し、アトピー性皮膚炎は、便や尿から排出しきれなかった体内毒素を排出する症状と考えます。お子さんや赤ちゃんの皮膚からアトピー症状が現れるのは、お母さんの体内に溜まった食品添加物や化学物質などの毒素も一因と考えられます。

アレルギーの治療には抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬が使われるのに対し、アトピー性皮膚炎の治療にはステロイド薬が使われます。

薬を使用して治療を行なう場合は、症状に合った薬を正しく使い分けることが大切です。

 

「病院絶対主義」の家庭で、ステロイドが手放せなかった子供時代

私の生まれ育った家系は「お医者さんは絶対に正しい」という考え方でした。予防接種は当たり前、病気になったら病院へ行って薬を毎日飲みなさい、塗りなさい。お医者さんの言うことを聞かないと大変なことになる。そう言われて育って来たので、その考え方に何の疑いもありませんでした。

教育に厳しい家庭だったので、3歳の頃から塾に通って受験勉強を始め、小学3年生からは多いときで6つの塾を掛け持ちします。テストではクラスで1〜2位、学年で5番以内の順位を取らないと親に怒られていたので、テスト前はストレスでした。もちろんアトピーも悪化し、一番強いステロイドが常に手放せませんでした。赤ちゃんのときからステロイドに依存していたので、小学生の頃はまさにステロイド漬けでした。

 

小学生時代の壮絶ないじめに自殺を考える

私が住んでいたのは水や空気のきれいな地方だったので、アトピーの子供は学校にいませんでした。しかし一番強いステロイドを使っても、勉強のストレスの大きさからステロイドが効かなくなることがありました。肌の症状は目に見えて分かります。

クラスの子供たちからは酷いいじめに遭いました。「ばい菌」とあだ名をつけられたり、私の触ったものは菌がうつるから触らないようにと言われたり、同じクラスの女の子に「私がもしあなたのような肌に生まれたら自殺する」と言われたり、靴を焼却炉に捨てられて裸足で2キロの道のりを歩いて帰ったり、コンパスや彫刻刀で刺されたり、トイレの個室に入ったら上から水をかけられたり、集団リンチでパンツを脱がされたり、川に突き落とされてガラスの破片が全身に刺さったり。

今、こんなことが起こると大問題ですが、親には言いませんでした。なぜなら先生からもいじめられていたからです。「顔を洗っているのか?ちゃんと顔を洗っていないからそんな顔(アトピー)になるんだろう」と言われたこともあります。いじめられていることが親にばれたら、親が発狂して学校に怒鳴り込み、さらにいじめが酷くなることは目に見えていました。

だからひたすら我慢するしかなかったのです。自殺を考えたことは何度もあります。
アトピーの赤ちゃんやお子さんのいる親御さんにお伝えしたいのは、できるだけ小学校に入る前に治してあげてほしい、ということです。お母さんの体内に溜まった毒素が原因であれば、ステロイドで抑えずに症状を出し切ってしまえば、就学前に治るからです。

周りから何を言われようとも、就学前の4〜5年でデトックスして症状を出し切ってしまえば、私のような壮絶ないじめに遭うこともないと思います。

病院や薬に関してはいろいろな考え方があると思いますが、私は病院と薬を全て辞めることでアトピーを完治させることができました。

 

不登校・引きこもり・高校中退

身体的ないじめは小学校3年生から中学1年生まで続きました。中学2年になってから、ようやくいじめグループとクラスが離れ、いじめからは解放されました。

しかし、アトピーの症状は残りました。中学生の頃は、家庭の問題が原因で、リストカットや摂食障害、うつ病、境界性人格障害なども患っていました。

相変わらず学年5番以内をキープしなければいけないプレッシャーと闘い、同時に県内一の進学校に入学しなければならないプレッシャーとも闘っていました、

思春期に入り、好きな異性が出来ても、アトピー肌なので自分に自信が持てません。

なんとか進学校には合格したものの、高校入学後にうつ病が悪化し、不登校に。そのまま高校を中退してしまったのです。

 

 

お子さんのアトピーでお悩みの親御さんへ

私の場合は自分のアトピーだけでなく、家庭問題や親の精神障害など、複合的な問題を抱えていました。親からの殴る蹴るなどの虐待は日常茶飯事だったので、極端なケースかもしれません。

しかし赤ちゃんのときに薬漬けにならなければ、小学校入学前にアトピーが治っていれば、毎朝マーガリンを塗ったパンを食べなければ、もっと違った青春時代を過ごしたのかもしれない。と思うことがあります。

30代半ばになった今、アトピーは治っていますが、子供のときに親から友達から言われて傷ついた言葉は、今でも重くのしかかる錘のようです。

「自分は女だけどアトピーで結婚できないだろうから勉強や仕事を頑張ろう」という思考癖で自分を追い込み、ストレスでアトピーが悪化して、「こんな肌だったら誰にも愛されない。生きていくために頑張らねば」と、さらに自分を追い込んでいました。今も独身です。

アトピーの赤ちゃんを見ると、「私のような大人にならないためにも、早く治してね」と思います。

 

食生活で気をつけるべきこと

私の育った家庭は「病気は薬で治す」がモットーでした。食生活もそれなりに気をつけていましたが、毎朝マーガリンを塗ったパンに牛乳を18年間続けていたので、とても完璧とは言えない状態でした。

「アトピーを薬でコントロールしながら一生付き合っていく」のか「できるだけ早く完治する」のかによって、取るべきアプローチが異なります。

できるだけ早く完治させたいなら、一定期間、食養生を心がけた方が良いです。

アレルゲン物質は取らない、顆粒だしは取らない、白砂糖や乳製品、肉類も控える。玄米菜食。葉物野菜を多めに摂る。冬以外は酵素たっぷりの生野菜を摂る。マクロビオティックの陰陽表を見て、なるべく体を温める食材を摂る。血糖値の急上昇を防ぐ。

これを気をつけていれば、体温が上がり、毒素の排出されやすい体になります。
肉類を食べないことには賛否両論がありますが、デトックス期間中は食べない方が良いです。

私自身、肉や乳製品は、脱ステデトックスが落ち着き、新しく皮膚を作る段階になってから摂り始めました。

デトックスしたいときは胃腸の負担を極力減らし、排出を促す食生活に集中した方が早く毒素が出ます。
赤ちゃんやお子さんの場合、症状がひどいときには最低限の栄養素を摂って横になっていれば早く治ります。胃腸に負担をかけると症状の治りが遅くなるので注意です。

 

 

日常生活で気をつけるべきこと

食べ物以外にも、洗剤は化学物質の含まれていない石鹸成分のものを使う、石油由来のシャンプーを使わない、保湿クリームも極力添加物の含まれていないものを使う、化繊の服やしめつけの強い服は炎症の原因になるので着ない、寝具は天然素材のものにする、家具の化学塗料等に注意する。など、日常で使うものにも配慮が必要です。

人間の体に優しい製品は、地球にも優しいです。

 

 

ステロイドは卒業を目標に付き合う

皮膚科で処方されるステロイドは免疫抑制剤であり、アトピーを「完治」させてくれる薬ではありません。使っていると症状は抑えられますが、あくまで抑えているだけの状態です。

見た目の気になる学生時代や、ストレスの多い受験勉強時は、ステロイドに助けられることもあるでしょう。

しかしアトピーを完治させたいなら、なるべくステロイドに頼らなくても良い肌を目指した方が良いと思います。

赤ちゃんや子供の頃に一向に治らなかった私のアトピー、ステロイドを使っても症状は治まらず、壮絶ないじめも経験しました。

結局、普通の人と同じ肌に戻れたのは、28歳で脱ステロイドをしてから5年以上経った後です。

女性の結婚適齢期真っ只中の脱ステロイドは、遅すぎたといえば遅すぎたのかもしれません。

赤ちゃんの頃に、親がアトピーに対する正しい知識を持ち、正しいコントロールをすれば、大人になる前に治すことができます。早くデトックスすればするほど、完治も早くなります。

 

 

潔癖になりすぎない

お子さんのアトピーを治そうとする限り、親御さんの意識が「アトピーを治すこと」だけに向いてしまうのも避けたいところです。

私の母親も、病院の先生の言う通りの治療はとても頑張ってくれました。家にいるといつも「あれを飲みなさい、これを塗りなさい」「薬は塗ったの?」。学校で起こった出来事を楽しく話そうとしていても「顔が痒そうだね。薬を塗らないと」と、私以上に私のアトピーを気にしていました。

完璧主義でいつも忙しく動き回っていた母親。その母親が月に1回、頭痛で寝込んでいました。その日だけはなぜか私の肌が痒くならなかったのです。父親と外食に出かけたりファーストフードを食べても症状は出ませんでした。

母親が寝込んで休むことで、私の緊張は解けていたのです。

 

 

お子さんのアトピーはお母さんの内面を映し出す鏡

アトピーのお子さんを持つ親御さんの相談を受けるようになってから、アトピーの子供を持つ母親には共通点があると感じます。

完璧主義で、他人の目を気にして、自分と他人を比べがちであること。怒りを抑圧していること、あたりが共通しています。

子育てにあたっても、義両親や親戚の目を気にしていたり、実親に対していい子でいたい、と思う気持ちが強い点もありがちです。

お母さんの内面のフラストレーションが、お子さんの症状になって現れている、そんな印象を受けます。

私の母親も、アトピーではありませんしたが、実母との関係性が壮絶なアダルトチルドレンでした。私の成績を気にしていたのも、他人の目を気にしてママ友の子供と私をよく比べていたからです。親戚に私のアトピーを指摘されないよう、私のアトピーを必死で隠すために、ステロイドを使っていました。

子供にアトピーが出ていると、自分を責める母親がいます。

アトピーは目に見える痒そうな症状なので「かわいそう」「自分のせい」と捉えてしまいがちなのかもしれません。

しかしアトピー当事者の私からすると、たしかに見た目は良くなく痒いですが、肌からのデトックスなのです。

体内の悪い毒素を外に出そうとしているのだから、体は元気な証拠だと思っています。アトピー体質は皮膚からの毒素の排出力が強いのですから、癌になるリスクも減らせるでしょう。

アトピーの悪いところだけでなく、良い点にも目を向けてみると、また違った捉え方ができると思います。

 

 

まとめ お母さんは自分の人生を生きよう

アトピーのお子さんがいる親御さんにお伝えしたいのは、お子さんを「アトピー」という枠にくくらず、その他の才能にも着目してほしい、その才能を伸ばしてもらいたい、ということです。アトピー以外の才能に意識を向けてもらえれば、お子さんの自己肯定感が上がり、自信がつくでしょう。

お子さんが自分で自分を責めていると、それが学校でのいじめの原因にもなります。肌にアトピーの症状が出ていてもいじめられない子もいます。その子はコンプレックスをバネに、アトピー以外の才能を伸ばして自信をつけているからいじめられないのだと思います。
もう一つお伝えしたいのは、「お母さんに自分の人生を生きてほしい」ということです。私の育った家庭環境は決して模範的とは言えません。10代の頃は様々な精神疾患に苦しみ、高校を中退し、人間関係構築が上手くできず、30代半ばになっても独身です。しかし社会的・経済的自立という意味では上手くいった方ではないかと思います。

居心地の悪い実家から自立するために、18歳から一人暮らしを始め、がむしゃらに働きました。アトピーの症状が出ていても在宅で収入を得られるよう手に職をつけて起業しました。会社の事業は軌道に乗り、会社員の数倍の年収を得ることができています。

親の希望は「いい大学を出ていい会社に就職し、エリート男性と結婚してほしい」だったかもしれません。

しかし今の私は、エリート男性と結婚した場合よりも豊かな生活ができています。

子供は勝手に育つものです。重症アトピーで不登校で引きこもりで家庭環境が最悪でも、その条件をバネに自分らしく生きていくことは可能なのです。

未来を生きるお子さんの可能性を信じ、見守ってあげてください。
そしてお母さんは自分らしい人生を楽しんでください。





私が引きこもりの重症アトピーから、在宅ワークで月収100万円を超えるまでのストーリーを、メールでお届けします。毎日1話ずつ、全6話で完結するストーリーになります。読んでみたい方は、以下からメルマガにご登録ください。

引きこもり重症アトピーから月収100万円になるまで メルマガご登録はこちら

 
在宅で収入を得る方法を知りたい方は、以下の無料教材がおすすめです。








アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村



スポンサーリンク