3月〜4月にかけて悩まされる春の花粉症。目の痒みや鼻水、くしゃみ、皮膚のムズムズなどが起こり始めると「またこの季節がやってきたか」と憂鬱な気分になる方も少なくないでしょう。アトピーの方にとっては、花粉も大敵です。一般的には花粉症対策にはヨーグルトが良いと言われますが本当なのでしょうか? 市販の薬に頼らず、食生活の改善や自然療法で花粉症を治したい方は多いと思います。現在、花粉症でお悩み中の方へのお役立ち情報をご紹介します。

関連記事:春にアトピーが悪化する原因




 

花粉症の原因

花粉症は、植物の花粉が原因で起こるアレルギー性の疾患です。同じ花粉の季節でも、花粉症になる人とならない人がいるのはなぜでしょうか?

アレルギーのメカニズム


アレルギー体質の人は、体外からアレルギーの原因となる異物が侵入したら、それを排除しようとする働きが起こります。この体外から入ってきた異物を、異物と認識して排除しようとする働きが、免疫システムです。

アレルゲンが異物から入ってきたら、体内に「Ige抗体」というタンパク質が作られます。Ige抗体ができた後に再びアレルゲンが入ると、体内の肥満細胞と結合します。

すると、肥満細胞からヒスタミンなどの化学物質が分泌されます。このヒスタミンは痒みを引き起こす原因になります。ヒスタミンによってアレルゲンを再び体内に入れないよう、体を守っています。

アレルゲンが花粉の場合は、目や鼻の粘膜にある肥満細胞の表面にIge抗体が結合し、その部分からヒスタミンなどの化学物質が分泌されます。これが花粉症による、目のかゆみや鼻水、くしゃみの原因になります。

参考記事:花粉症のメカニズム

アレルギーになりやすい人、なりにくい人

同じ花粉の季節でも、花粉症になりやすい人となりにくい人がいる理由。また、大人になってから突然、花粉症になった原因。それらは「アレルギーコップ」にあります。

人間は誰もが体に「アレルギーコップ」を持っています。アレルギー体質の人と、そうでない人の違いは、コップの大きさと、コップに「アレルギー体質」が入っているかどうかの違いだと言われています。

「アレルギー体質」以外に、アレルゲンや空気の汚れ、ストレスなどの害がコップに溜まってくると、やがてアレルギーコップが溢れ出してしまいます。コップが溢れ出したときに、症状となって現れるのです。

アレルギーコップに「アレルギー体質」が入っているかどうかは、病院の各種アレルギー検査で調べることができます。また、二の腕の外側にブツブツがある人も、アレルギー体質であることが多いと言われています。

花粉症にヨーグルトは効くのか?

花粉症にはヨーグルトが良いと言われていますが、ヨーグルトは動物性の乳製品です。ヨーグルトの原料である牛乳の主成分は乳糖です。欧米人は昔から乳製品を食べる習慣がありましたが、穀物や豆、植物が中心の食生活を送ってきた日本人は、成長とともに乳糖を分解する酵素が少なくなってしまい、乳糖不耐症の人が多いです。

牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしたり気持ち悪くなったりする場合は、この乳糖不耐症が原因となっていることが多いです。

ヨーグルトの場合、乳糖が乳酸菌の力で一部、分解されていますが、それでも花粉症を治すために毎日大量に摂取するのは、胃腸での消化に負担がかかってしまいがち。長期的にはかえって治りを遅くしてしまうと思います。

欧米人と日本人とでは、腸の長さも違えば、消化酵素の出方も異なると言われています。日本人は欧米人に比べて肉や乳製品を消化するための酵素が少ないそうです。現代の西洋化した日本人の食生活によって、アレルギーやアトピーになる人が増えているのは事実。小学校の給食で毎日牛乳を飲むようになってから、子供のアトピーやアレルギーが増えたというデータもあります。
アレルギーコップの空きスペースを増やすには、なるべく胃腸に負担のかけない食生活がおすすめです。日本人の腸内環境改善には、乳製品以外の発酵食、ぬか漬けやお味噌汁などが合っているでしょう。

 

【参考記事】
ヨーグルトは体にいいのか悪いのか、その答えは明らかです
日本人に毎日の乳製品は不要である

ヨーグルトよりも甘酒がおすすめです。

アトピーに効く?「飲む点滴」甘酒の効果と作り方、アレンジ方法

 

市販の目薬は大丈夫?

目のかゆみがつらく、仕事に支障が出てしまう場合は、市販の薬に頼りたくなるかもしれません。

花粉症目薬は、大きく分けて症状別に4種類に分類されています。

抗アレルギー目薬(目のかゆみ・充血)
ステロイド目薬(目のひどいかゆみ・まぶたの腫れ)
抗菌目薬(まぶたの腫れ・充血・眼やに)
免疫抑制目薬(目のひどいかゆみ・充血・まぶたの腫れ)

【参照記事】
花粉症目薬(抗アレルギー点眼液)パタノール、アレジオン、ザジテン、リボスチン

 

なるべく薬に頼らず治したい方もいると思います。私の考察では、眼球に関しては擦り過ぎによる白内障の恐れがありますので、医師による診断のもと、薬でかゆみをコントロールした方が良いケースもあります。アトピーの脱ステロイドはデトックスによって肌を回復させることができますが、傷ついた網膜は皮膚に比べて自然治癒が難しいです。

ただし、薬の使用は一時的にとどめておいた方が良いです。「辛いときは薬に頼ればいいや」というスタンスが、体に負担をかけてしまいます。普段から自律神経の乱れを整える食習慣やストレスケアを行なった上で、医師による適切な診断のもと網膜をケアしつつ、薬に頼らなくても完治するゴールを目指しましょう。

 

市販の薬に頼らず治す方法

甜茶・ごぼう茶や黒豆茶・ルイボスティー、なた豆茶

「花粉症に効く」ということでおなじみなのが甜茶です。甜茶は中国のお茶です。飲むと甘い味がするのが特徴です。甜茶に含まれるGODポリフェノールには、かゆみの原因であるヒスタミンの分泌を抑制する効果があるとされています。また、炎症に関係するシクロオキシゲナーゼという酵素の働きを抑制すると言われています。

参照記事:甜茶は花粉症に効果ナシ?痩せる?正しい飲み方とその効果

甜茶を選ぶ際には、抗アレルギー作用の高い「バラ科の甜茶100%」の製品を選ぶようにしましょう。

ただ中国が産地の甜茶には、オーガニック製品が少ないようです。

無農薬や有機栽培にこだわる場合は、甜茶と同じく抗アレルギー作用のあるごぼう茶や黒豆茶・ルイボスティー、なた豆茶もぜひチェックしてみてください。

ごぼう茶・黒豆茶・ルイボスティー・なた豆茶のオーガニック製品をご紹介します。

リサーチしてみたところ、なた豆茶と黒豆茶、ごぼう茶のブレンド製品がありました。花粉症にはこれがおすすめです。



国産なた豆茶にごぼう茶黒豆茶をブレンド♪

その他にも以下がおすすめです。



国産・有機・農薬ゼロのごぼう茶



【なたまめ茶】



オーガニックの高品質ルイボスティー

その他、花粉症対策になるお茶はこちらです。



100%オーガニック茶「白井田七。茶」



えぞ式 すーすー茶

 

 

花粉症に効くアロマで鼻すっきり

市販の点鼻薬に頼らず、花粉症の鼻づまりをすっきり治したい、という方は、アロマがおすすめです。
花粉症や鼻づまりには、ティーツリー、ユーカリ、マートル、ペパーミント、カモミール・ジャーマンが効くと言われています。

特にティーツリーやユーカリ、ペパーミントなどのすっきり系のアロマは、マスクやハンカチにアロマを一滴たらして吸入することで、鼻の奥がすっきりされるでしょう。

その他、湯船に数滴垂らしたり、アロマディフューザーを使って蒸気を吸引する方法もあります。

外出先で必要なときに使える便利な携帯用スプレーもあります。



ナチュラルハーブスプレー

オーガニック認証済みのエッセンシャルオイルをブレンドした携帯用スプレーです。香りの原料は100%ピュアでナチュラルなエッセンシャルオイルのみを使用しており、着色料や保存料、合成香料は使用していません。

 

花粉症に効くハーブ

花粉症にはカモミール、エルダーフラワー、ペパーミント、ネトル、ユーカリ、アプライト、エキナセアなどのハーブが効くそうです。ハーブティーにして飲むことで、症状の緩和や抑制、デトックスにつながります。

 

参照記事:花粉症に効くハーブティー!効果があるのはコレ!

おすすめのハーブティーはこちらです。

 

トラディショナルメディシナルズ オーガニックネトルリーフ(並行輸入品)

 

 

トラディショナルメディシナルズ ペパーミント(並行輸入品)

 

トラディショナルメディシナルズ エキナセアプラス(並行輸入品)

 

トラディショナルメディシナルズ オーガニックカモミール(並行輸入品)

 

 

茶葉の産地によっては、環境汚染や放射能の影響を受けている場合もありますので、すべてのお茶が安全とは限りません。敏感な方は、原材料の成分や産地を調べた上で、なるべく特定のメーカーや産地に偏らず、リスク分散させながら飲まれることをおすすめします。

 

 

花粉症対策の養生

 

アレルギーの人は胃腸・腎臓・肝臓・脾臓など弱っています。医学的な症状は出ていなくても体が教えていますから、まず肝臓・腎臓・脾臓の手当をすること。生姜湿布、こんにゃく療法を一週間交替にする。ビワの葉療法などもやって体の大切な浄化槽の働きを強めることが大切です。

食事は、三年以上たった梅干し、たくあんなど(自然のもの)自然醸造の味噌、しょうゆなど、長くねかせてバクテリヤが繁殖しているような発酵食品を特に大切にいただくこと。なるべく未精白穀・ごま・海草・大豆・はと麦・黒豆・ごぼう・にんじん・れんこんなどの根菜類・玉ねぎ・にんにく・長ねぎ・にら・たんぽぽの葉や根・よもぎなどは特によく、つとめて召し上がると良い。梅肉エキスなどもよく、カルシウムも特に足りないし、また吸収力も弱い体質ですから、腸を丈夫にするためにもこれらの食事と手当は大切です。

 

「家庭でできる自然療法(東城百合子著)」より引用

 

 

 

まとめ 花粉症でつらい季節の乗り越え方

私の花粉症は、目や鼻の痒みだけでなく、全身の皮膚の痒みも伴いました。重症アトピーだったので、特に3月〜4月は花粉の影響でアトピーが悪化しました。

しかし2012年に脱ステロイドをして食生活を改善し、デトックスをしたら、花粉症のすべての症状が治ってしまったのです。花粉が飛ぶ季節になっても、あんなに苦しんだムズムズに悩まされることはなくなりました。

生活習慣の改善やデトックスの効果が大きいと思いますが、同時にストレスからの解放も大きいと思います。

在宅ワークで自由なスタイルで仕事をするようになってから、アレルギー症状が出なくなりました。アレルギーコップの中にある「ストレス」の要素が減ったからだと思います。

花粉がひどくなる時期は亜熱帯の国に滞在する、などのができるようになったのも、ライフスタイルの変化からです。

人間関係や職場環境のストレスも、花粉症の大きな原因のひとつになると思います。

治したくても症状がなかなか治らない場合、潜在意識で治したくない理由があるのかもしれません。今いる居場所で何かしら我慢をしているのかもしれません。

しかし、我慢をいつまでも続けるのは難しいことだと思います。

症状は体からのメッセージです。何をやってもなかなか治らない方は、自分の居場所を変えることも選択肢の一つに入れてみてください。

転職したり引っ越したり脱サラしたりすると、苦しんでいた症状があっさり治ってしまった、というケースも多いです。

薬に頼って我慢しないといけない仕事は、本来ないはずです。今のライフスタイルは本当に自分が望むライフスタイルなのか、体からのサインをきっかけに、本当に自分のやりたいことを考えてみましょう。



私が引きこもりの重症アトピーから、在宅ワークで月収100万円を超えるまでのストーリーを、メールでお届けします。毎日1話ずつ、全6話で完結するストーリーになります。読んでみたい方は、以下からメルマガにご登録ください。

引きこもり重症アトピーから月収100万円になるまで メルマガご登録はこちら

 
在宅で収入を得る方法を知りたい方は、以下の無料教材がおすすめです。








アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村



スポンサーリンク