重症アトピーから脱ステロイドをした私。超敏感な乾燥肌である私が使って良かった入浴剤をレビューしていきます。今日は砂糖を原料に作られている「みんなの肌潤風呂」をレビューしていきます。

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

お砂糖はアトピーに良い?

アトピーに砂糖が効く、というと意外な組み合わせに聞こえるかもしれません。糖質を多く摂取することはアトピー悪化の原因になると言われているからです。

しかし肌につける場合はいかがでしょうか?

実は、砂糖には浸透力(自然に肌になじんで溶け込んでいく力)、吸水・保湿力(うるおいを取り込んで外に逃さない力)があります。そのため、砂糖はスキンケア成分と組み合わさることで、角質層までうるおいを浸透させて、保持することができるそうです。

しかし、通常の砂糖をそのままこすりつけるのは、お肌への刺激になり、色素沈着の原因になってしまいます。なぜならお砂糖の粒子は角ばっているからです。ミネラルなどを含む黒砂糖や三温糖もお肌に塗ると、アレルギー反応を起こしてしまう場合もあります。

砂糖をスキンケアに使う場合は、必ずスキンケア専用に作られた商品を使うようにしてください。

 

重症アトピーだった娘がモデルになった「肌潤糖」の開発ストーリー

アトピーのスキンケア用に作られた「みんなの肌潤糖(アトケアタイプ)」は、お砂糖の粒子を特殊微粒子加工で細かくし、肌への刺激が最小限になるように一粒一粒球状に整えています。さらに植物性オイルでコーティングされています。

みんなの肌潤糖は、アトピーに悩む娘さんのお母様が、アメリカの原料メーカーの研究チームの一員として、渡米をして開発されたそうです。

15歳までアトピーに悩まされていた娘さんですが、お母様が開発した肌潤糖によってみるみるうちにアトピーが良くなり、モデルのお仕事をされるまでに改善されたそうです。

肌潤糖の詳しい開発ストーリーはこちら

今回、肌潤糖が含まれた入浴剤「みんなの肌潤風呂」を購入して使ってみました。

 

 

「みんなの肌潤風呂」の使い方と使ってみた感想

届いた時にはアルミの袋に入っていました。このアルミの袋から、密閉されるチャック袋に詰め替えて使います。

 

 

砂糖なので湿気で品質が変わってしまうので、使うたびにしっかりとチャックを閉めた方が良いですね。

 

 

 

お風呂のお湯を沸かせたら、一般の家庭用浴槽の場合、付属のスプーンの半分(30g)をお湯に入れます。

 

パッケージの「使用方法」の欄には、以下のように書かれてありました。

【使用方法】1回20〜30gを目安に、湯量に合わせて浴槽のお湯に溶かしてご使用ください。
【目安量】単身用ユニットバスの場合(170L程度):1回20g(付属スプーンの1/3)、一般家庭の浴槽の場合(225L程度):1回30g(付属スプーンの半分)
※浴槽(湯量)の大きさによって適宜増減してください。
※肌を清潔に保つため、できるだけ浴槽のお湯は毎日お取り替えください。

 

【入浴剤の成分はこちら】
セスキ炭酸Na、炭酸水素Na、スクロース(ヒート糖)、酒石酸、別府温泉精製湯の花エキス、ホホバ油、ヒポファエラムノイデス果実油(サジー由来)、酸化チタン、ポリアクリル酸Na、ポリアクリル酸、ベントナイト、エチドロチン酸4Na、水、ポリクオタニウム-10、オレンジ油、レモン果皮油、グレープフルーツ果皮油

 

浴槽内で滑らないよう注意!

実は初めて「みんなの肌潤風呂」を浴槽に入れたとき、寒かったので勢い良くお風呂に入ったら、思いっきりズルっと滑って転んでしまいました^^;パッケージに「浴槽内が滑りやすくなります」と大きく書かれてありますが、本当に滑るので要注意です。

特に小さなお子さんが「みんなの肌潤風呂」を入れたお風呂に入るときには、滑らないよう親御さんが気をつけて見守ってあげた方が良いでしょう。

お風呂の中でぬるぬる

「みんなの肌潤風呂」を入れたお風呂に入ってみた感想は、お風呂のお湯がとてもマイルドになったこと。ローションを入れたかのように、お湯がぬるぬるします。ぬるぬるですが、ベタベタはしません。お湯につかりながらお肌をなでると、するすると滑らかで指通りがよくなる感触です。

私は浴槽内でよくあかすりをするのですが、垢の汚れが肌潤風呂の砂糖成分に吸着するようで、いつもよりもたくさん垢が出ているように見えます。

 

柑橘系の香りに癒される

成分を見てお分かりの通り、オレンジ油、レモン果皮油、グレープフルーツ果皮油など、天然の柑橘油を香料として使っています。そのため、香りがとても自然で癒されます。

人工的な香料の匂いが苦手な私にとって、リフレッシュできる果実の香りはとても好みでした。

 

 

お風呂上がりはお肌のバリアが強化された感じ

肌潤風呂に入ってみての湯上がりの感想は、お肌がしっとりとリッチな感触になります。次の日に大事な予定がある日、デート前にはぜひこのお風呂に入りたい、と思えるような、全身エステのようなお風呂でした。

コストパフォーマンスはいかがなものか?

一袋600g入りで1ヶ月分2980円。1日20g使う場合は、1日あたり約100円。1日30g使う場合は1日あたり約150円。入浴剤としては普通よりも少し安いぐらいのお値段だと思うので、コスパは良いと思います。

さらに3ヶ月分まとめ買いすると15%オフになるなど、お得な定期コースもあります。

肌バリアを強化して感想をしっかり防ぎたい方は、3ヶ月以上続けられると効果を実感されるでしょう。

 

まとめ お肌ゴワゴワ期に使いたかった

肌潤風呂を使ったみてまず思ったのは、アトピーでゴワゴワカサカサしていたときに使いたかった!です。今現在の私の体はデトックスのおかげでバリア機能も強化され、お肌の保水力が上がっているからです。脱ステ中でゴワゴワしていたときは、入浴剤で肌バリアを強化しよう、という発想がそもそもありませんでした。とにかく汗を出してデトックスすることばかりを考えていたので。

しかし入浴剤でしっかり保湿できれば、肌バリア機能が強化され、症状が治るスピードがより早くなるのではないかと思います。

リンパ液でぐじゅぐじゅになっているときは、お風呂も入らず濡らさず脱保湿がおすすめですが、ある程度、老廃物を出し切ったけどまだ肌表面がカサカサしている、そんな時期に、この肌潤風呂はとても良い!と感じています。肌潤糖のアトケアタイプとセットで使えば、保湿力がさらにアップしますね。

お風呂上がりの吸水・保湿が、肌バリア機能アップの要になります。

アトピー肌のカサカサゴワゴワをいち早く治したいなら、みんなの肌潤セットで徹底的にケアすると良いでしょうね。

「自分のお肌にしっかりお金をかけて品質の高い商品を使い、自分を大切に扱う」その行為こそが、アトピーを治すカギになることは間違いありません。

アトピーの人は自分をないがしろにしている人が多いので、自分の肌につけるもの、体の中に入れるもの、一つ一つにこだわって自分に投資することで、アトピーは良くなっていくはず。私の実体験から言えることです。

 

 

 

みんなの肌潤風呂、ご購入はこちら



アトピー肌専用入浴剤『みんなの肌潤風呂』


みんなの肌潤糖(アトピーケアタイプ)はこちら



『みんなの肌潤糖』

保湿化粧水「みんなの肌潤ろーしょん」はこちら



みんなの肌潤ろーしょん

お肌のバリア機能を徹底強化!みんなの肌潤セットはこちら



 

『みんなの肌潤セット』

 

 

 

 

 



私が引きこもりの重症アトピーから、在宅ワークで月収100万円を超えるまでのストーリーを、メールでお届けします。毎日1話ずつ、全6話で完結するストーリーになります。読んでみたい方は、以下からメルマガにご登録ください。

引きこもり重症アトピーから月収100万円になるまで メルマガご登録はこちら

 
在宅で収入を得る方法を知りたい方は、以下の無料教材がおすすめです。








アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村



スポンサーリンク