アトピーの人におすすめの在宅ワーク

アトピーで症状が出ている方は、外で働くのが辛いと思うことが多いでしょう。

お肌の症状で人目も気になったり、痒みで集中力が途切れやすかったりするだけではなく、健康肌の人よりも疲れやすい傾向にある場合も。

私も20代前半は会社員生活にトライしましたが、毎朝出勤をして会社勤めをするのは体力的に無理だと悟りました。

「いつかは在宅で収入が得られるようになるといいな」と思い、会社員時代から在宅ワークを研究し始めました。

この記事では、アトピーの方に会社員生活が向いていない理由と、おすすめの在宅ワークをお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

アトピーの人に会社員生活が向いていない理由

他人の目が気になる

お肌の症状ゆえに気になるのは他人の目。無意識に皮膚を掻く姿が「不潔に思われないだろうか」と不安になったり、皮膚の粉が舞っていないかも気になります。会社組織はチームワーク。本来は仕事の成果だけを意識していれば良いのかもしれませんが、アトピーさんは仕事以外のことも気になってしまいます。

また、アトピーの方は繊細になりがちで、HSP・HSCの方も多く、他人のちょっとした一言に傷ついてしまいがち。被害者意識が強くなってくると、対人関係にも支障が出てしまうことがあります。

体調に波があり会社を休みがちになる

お肌が痒いだけではなく、だるさや疲れやすさを感じやすいのもアトピー症状の特徴です。痒くて眠れなかった時は、朝に起き上がるのも辛いと感じてしまうことも。また、症状が強く出ている時は、服を着替えるだけでも、人の何倍も時間がかかってしまいます。通勤中も、痒いのに思うように掻けないことがストレスになるでしょう。

日常の動作もぎこちなくなりがちです。

アトピー症状が強く出ている時のストレス度合いは、皮膚に症状が出ていない時のストレス度合いの10倍以上になると体感しています。

 

定期的に病院へ通わないといけない

ステロイド剤で皮膚症状をコントロールしている場合、定期的に皮膚科へ通う必要があります。近くの病院が空いている時間までに仕事を終えたり、時には会社を休む必要があることも。万が一ステロイド剤を切らしてしまうと、リバウンドで症状が爆発して大変なことになってしまいます。定期的に病院へ通うことを踏まえて仕事のスケジュールも調整しなければなりません。

以上がアトピーの人に会社員生活が向いていない理由です。私はどちらかというと人目が気になることでの精神的ストレスが大きかったです。実家の親とも不仲で一緒に暮らす選択肢がなかったので、「少しでも早く在宅ワークで生計を立てられるようにならなければ」と思い、リサーチを始めました。

 

アトピーの人におすすめの在宅ワーク

物販

家にあるいらないものをネットで売ることからスタート。その後、ネットで安く仕入れた商品を転売したり、輸入販売、最終的にはオリジナル商品を販売する方法があります。

代表的な物販サービスはこちら

オークションサービスは月額使用料が有料のものと無料のものとがありますが、まずは無料のサービスからトライしてみると良いでしょう。

 

なお、中古品の販売は、地域の広告掲示版「ジモティ」に掲載してみるののも良いと思います。

 

ハンドメイド

手先が器用な方は、小物やアクセサリー、服などを作って販売するハンドメイド作家になる道もあります。

ハンドメイド商品を販売できるサービスはこちら

 

在宅ライター

文章を書くことに抵抗がなければ、ライターの仕事もおすすめです。経験を積んで発注者からの信頼を獲得すれば、安定収入につながりやすいです。

ネット上でライターの仕事を見つけられるサービスはこちら

 

アフィリエイト

地道にコツコツとした作業のできる方は、アフィリエイトもおすすめです。多くの人に届くコンテンツになれば、インターネットから自動的に収入を得られるようになります。

アフィリエイトのできるASPはこちら

 

アフィリエイトに関してはGoogleアドセンスのバナー広告を貼って収益を得たり、Youtuberになる道もあります。

ちなみに人気Youtuberのヒカルさんもアトピーを公言しています。アトピーは気にしなければ、強みに替えられますね。

写真・イラスト素材の販売

カメラが好きな方は、撮影した写真を素材販売サイトで販売できます。自分で描いたイラストを販売できる素材販売サービスもあります。

写真素材を販売できるサービスがこちら

イラスト素材を販売できるサービスがこちら

スキル販売

イラストや占い、電話相談など、得意分野のスキルをネット上で販売するサービスもあります。

ネット上でスキルを販売できるサービス一覧がこちら

Web上で文章や漫画、音楽などコンテンツを販売できるサービスはこちら

ライター業はアトピーの方に向いている

いろいろな在宅ワークがありますが、私の一番のおすすめはライターです。

アトピーを経験した人は、他人の痛みも分かるので、共感力の高さは文章を書く仕事に活かすことができます。

なお、ライターの仕事は、Webサービスからの下請けや孫請けよりも、クライアント企業と直接契約した方が、高単価で受注することができます。

どうすれば高単価でライターの仕事を受注し、安定収入を得ることができるのか?

こちらの電子書籍に詳しく書かれておりますので、無料ダウンロードしてぜひ読んでみてくださいませ。

コピーライターの仕事術

 

 





私が引きこもりの重症アトピーから、在宅ワークで月収100万円を超えるまでのストーリーを、メールでお届けします。毎日1話ずつ、全6話で完結するストーリーになります。読んでみたい方は、以下からメルマガにご登録ください。

引きこもり重症アトピーから月収100万円になるまで メルマガご登録はこちら

 
在宅で収入を得る方法を知りたい方は、以下の無料教材がおすすめです。








アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました