脱ステの経過5 膝下に大量の湿疹(糜爛)が出現

脱ステから4年半ほど経った頃、膝下に半径5mm程度の水ぶくれのような湿疹が出てくるようになりました。掻くとペロンと皮がめくれて糜爛(びらん)状態になります。皮膚がべろんとめくれて大きな糜爛になる状態は、それまでも経験していました。が、このときは膝下に細かな湿疹が一度に、大量に出たので焦りました。ネットで調べても何も情報が出てきません。

 

15094850_1617942504897932_6322386645436084328_n
このような湿疹が膝下全体に、無数に出てきました。

完全に出なくなるまで1年以上かかりました。脱ステをされて同じような症状が出ている方のために、私の経過をお伝えできればと思います。

 

スポンサーリンク



脱ステ3ヶ月の頃からふくらはぎに糜爛症状が出始める

脱ステから3ヶ月経った2012年4月、お尻やふくらはぎ、胸などに糜爛症状が出始めました。むずがゆくなって掻くと、ずるんと皮がずるむけ、皮膚の内側がむき出しになります。皮がむけてむき出しになったところは、風や水がしみて痛かったです。糜爛症状がよく出たふくらはぎやお尻、胸は、構造上、水分の溜まりやすい場所でした。体内で処理しきれない水分が皮膚から外に出ていたようでした。

ずるむけた箇所は、2〜3日で瘡蓋になり、1週間もすればペロンと剥がれ落ちます。瘡蓋になったところは色素沈着して黒い跡になってしまいました。

大きな糜爛が次々と出現するとあちこち痛いし不便でした。しかし光線治療をするのも面倒だったので、水分を控えつつ、放置していました。

 

糜爛になりやすい時期

糜爛症状がよく出た季節は6月〜10月頃と、温かく湿度の高い時期でした。汗をかく7月8月はさほど糜爛が気になりませんでしたが、季節の変わり目でもある6月9月は糜爛症状に悩まされました。皮膚からの水分代謝がバランス良く出来ていなかったのかもしれません。

海外の湿度の高い国へ旅行したときも、糜爛症状が出ました。糜爛症状は肌表面から水分を排出するために出ているのだと思います。

この症状を改善する方法は、やはりデトックスでした。岩盤浴等で積極的に汗をかくと、肌から正しく水分が代謝されるようになり、糜爛症状が徐々に改善していきました。

 

脱ステから4年半後、膝下に細かな糜爛湿疹が大量出現

全身の炎症は落ち着いてきたものの、肌のカサカサした質感がまだ気になっていた脱ステ4年目。9月頃、膝下に糜爛状湿疹が大量に出るようになりました。まず、半径5mmほどの小さな水ぶくれができます。とてもかゆいので爪で引っ掻くと、ベロンと皮が一枚はがれて肉が丸出しになります。

掻くことで経絡の流れが良くなったようで、同じような湿疹が次から次へと出てきました。3日もしないうちに両膝下は大量の糜爛状湿疹だらけになりました。特に左脚の膝下が酷かったです。

左側に症状が多く出た原因は、体の歪みでした。左側の筋肉が硬くなり、毒素が溜まりやすくなっていたので、血液循環も滞っていたのだと思います。体の歪みを改善すれば、全身に血液が行き渡りやすくなり、デトックスも加速するはずです。

 

瘡蓋から大量の瘀血が出る

糜爛になったところは1〜2日で瘡蓋になりますが、その瘡蓋部分から大量のドロドロした黒い瘀血が出てきました。そこで分かったのは、体内の毒素は外に出たがっているということです。湿疹などで出口が見つかれば、そこから一気に出てきます。

皮膚から症状を出したくない場合は、便や尿、汗で出すことを心がけると良いでしょう。

 

膝下に大量の糜爛状湿疹が出る理由

なぜ、脱ステから4年半が経過した頃に、突然膝下に大量の糜爛湿疹が出始めたのか。これは紛れもなくデトックスだと確信しました。重力の法則に従うと、デトックスが進んで血液が浄化されるとともに、老廃物は下へ下へとおりてきます。洗濯物を干したとき、下の方は最後まで乾きにくいのと同じです。

膝まわりにも毒素が溜まりやすいので、皮膚からの水分代謝のバランスを崩した9月に、膝に溜まっていた毒素が膝下から一気に出たのでしょう。

デスクワークが多いと、膝まわりに毒素が溜まりやすくなります。正しい歩き方でウォーキングしたり、光線治療やこんにゃく湿布などで膝を温めたり、ヨガなどで膝まわりの血流改善をすることで、血液循環が改善されるでしょう。そうなれば一気に湿疹が出ることもなくなり、症状も少しずつ改善されていきます。

 

まとめ 膝下の大量糜爛は脱ステの最終段階

2015年9月から約1年かけて、膝下に大量の湿疹が出続けました。同時に湿疹が瘡蓋になったところから、どす黒い瘀血もレバーのように次々と大量に出てきました。自分の脚からこんなにもドロドロした瘀血が出てくるのかと、驚いたくらいです。内臓の毒が血液やリンパ液に運ばれて脚まで降りてきて、脚の経絡から毒素が排出されたのでしょう。

そのときぐらいから全身のくすみや赤黒さがとれてきて、だんだん肌が白くやわらかくなりました。首の色素沈着も目立たなくなってきました。

膝下に出現する大量の糜爛状湿疹は、脱ステの最終段階のサインとも言えます。ピーク時は見た目が酷いことになるので落ち込むかもしれません。しかし最終段階の症状を乗り越えれば、普通肌の人と同じ美しい脚になることができるのです。

最後の一歩だと思い、前向きに乗り越えてください。

 

 

 

 





私が引きこもりの重症アトピーから、在宅ワークで月収100万円を超えるまでのストーリーを、メールでお届けします。毎日1話ずつ、全6話で完結するストーリーになります。読んでみたい方は、以下からメルマガにご登録ください。

引きこもり重症アトピーから月収100万円になるまで メルマガご登録はこちら

 
在宅で収入を得る方法を知りたい方は、以下の無料教材がおすすめです。








アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村

コメント