脱ステ

スポンサーリンク
脱ステロイドの経過

脱ステロイドから5年間の経過を振り返る

2012年4月に28年間使い続けたステロイドをやめて脱ステしました。それからの経過を綴っていこうと思います。
脱ステロイドの経過

脱ステの経過4 蕁麻疹の原因は?いつまで続くのか?

アトピーが良くなってくると蕁麻疹に変わると言われています。しかし当時は脱ステ後の蕁麻疹の症状に関して、ネット検索してもなかなか情報が出てきませんでした。 「いつまで続くのだろう」と暗中模索状態で不安になったのを覚えています。今、脱ステ中で蕁麻疹に悩まされている方に、私の経験が少しでもお役に立てれば幸いです。
脱ステロイドの経過

脱ステの経過3 アトピーの落屑 いつまで続くのか?

リンパ液があまり出なくなり、炎症がある程度おさまってくると、次に襲ってくるのが落屑(皮膚が落ちる現象)です。 この落屑とはどんな状態なのか? いつまで続くのか? 治りかけのサインは? どうすれば治まるのか? 私の経験から語れることをお伝えします。
脱ステロイドの経過

脱ステの経過2 脱風呂・脱保湿・実際どうなの?

脱ステ中の保湿には賛否両論がありますが、私は情報に振り回されず、自分の体の声を聴きました。 最初の数日間はリンパ液でぐじゅぐじゅになっても「バリアを作らなければ」と無理やり保湿をしていましたが、保湿剤を塗ると全身が熱くなり、猛烈な痒みに襲われました。
脱ステロイドの経過

脱ステの経過1 脱ステのきっかけ

睡眠時間がほぼない状態で、ステロイド剤で症状をコントロールしながら必死に働いていた結果、ステロイドはどんどん効かなくなり、アトピー症状が悪化。季節は3月終わり。デトックスが最も強まる時期に、ストレスフルな環境で働いていると、一番強いストロイドを塗り続けていても、アトピーはどんどん悪くなるばかりです。
管理人について

デトックスにハマったきっかけ

生後間もなくしてアトピー性皮膚炎を発症。「とびひ」や蕁麻疹など、常に何かしらの湿疹が出ていたので、病院の薬(ステロイド)で抑えながら症状をコントロールしていました。 その後も症状が悪化するたびにステロイドで抑える日々。 大人になってからも症状は良くなったり悪化したりを繰り返していました。
スポンサーリンク